Subscribe to たまねこのブログ Subscribe to たまねこのブログ's comments

» 2019 » 12月のブログ記事

昨日の12/30無事にベビにゃんが誕生しました!

6頭とも元気です。みな順調に育ってほしいです。


続きを読む »


本日はラニアちゃんの予定日です。
もうそろそろかと思います。

続きを読む »


年末年始のお泊りの常連様です。
ミルクくん。ラグドールの卒業生です。
2012年7月生まれですのでもう7歳になるんですね~
早いなあ。

続きを読む »


来年1/2~新しい営業形態になります。

営業時間12時~20時30分
月~木 30分300円~その後10分100円
金   1日1000円ぽっきりオールフリー
    子供無料!(小学生まで)
土日祝 大人1時間1300円~
    子供(小学生まで)1時間1000円~

チンチロリンメニュー
6のゾロ目   カフェ利用料金無料
5のゾロ目   カフェ利用料金半額
4のゾロ目   ドリンクサービス
3のゾロ目   ドリンクサービス
2のゾロ目   ドリンクサービス
1のゾロ目   パルプンテ!
偶数     おやつカリカリサービス

 

さいころ振ってチャンスをゲット!
パルプンテがわかるあなたはゲーム通!

 

 

臨月のラニアママが!

続きを読む »


今年の年末年始はガラガラです~
いつもの常連様がいらっしゃいません。
みなさま里帰りはされなかったのでしょうか?

さて明日までのお泊りの常連様です。
かなちゃん。

続きを読む »


ウドくんとローズちゃん

続きを読む »


もなかちゃん改め今日からひめちゃんです

続きを読む »


今日はクリスマスイブですね~
おばにゃんは犬肉食輸入禁止のキャンペーンで忙しいです。
コメントチェックしたり追加で記事終生したり英語入れたり。
更には応援メッセージを斎藤れいな都議からいただいたりうれしい!
とにかくこの法律作ってもらえるためにがんばります!
みなさまの一票が大事なんです。(選挙みたい)
クリスマスにこそ考えてほしいことだと思っています。
署名はこちらから!

 

明日はいよいよもなかちゃんの卒業です。

 

 

 

今日もポロンをポチしてにゃ♪
にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ


新しいねこカフェとは楽しく安全に利用できること。
ねこたちがいる空間に人がちょっと人休みするところ。
人が幸せであればねこも幸せです。
みんなが集えて発信できる場所にしたいです。

飲食持ち込み自由!

 

というわけで来年より変更です。
みなさまのご意見ご不明点伺います。
よろしくお願いいたします。

 

 

 

今日もポロンをポチしてにゃ♪
にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ


SWEETPIXYのグループLINEに最近ドイツに引っ越しされた
ラグドールのオーナー様からのお便りが届きました!
しらたまちゃんといっしょに渡航され生活もなれたところのようです。

素敵なドイツの街並みもご覧くださいね~
まるで絵葉書です♪

続きを読む »


もなかちゃんのお見合いがありまして
無事成立となりました!

続きを読む »


クッキーの被毛がとても抜けて
皮膚がうっすら見えるところが増えてきました。
体重が3.8とだいぶ減ってます。

続きを読む »


2泊でお泊りにきてくれましたかいとくんとゆきちゃんです♪
ふたりとも仲良しのとてもいい子。

続きを読む »


この3週間くらいココアがいじめの対象になっています。
確認しただけでもハル、ローズ、ノア、ウド、ウナがココアを追い詰めて
喧嘩を売っています。
それと同じタイミングで4週前くらいからだれかがキャットウォークで
うんちとおしっこをしてしまうのです。
この犯人がいまだにわかりません。
でもおばにゃんの観察からいくとココアなのではないかと予測しています。
なかなか現場をおさえられないのがもどかしいのですが
このうんちおしっこできない病とココアのいじめの対象になっていることが
どこかでリンクしているんじゃないかと思っています。
こんなことはいままでになかったことなのでどうしたものか悩み中です。

続きを読む »


日本人は知らない本当のことを!

1.日本にはほぼ毎年20tくらいの犬肉が輸入されていること。
2.日本には大阪と東京に50店舗ずつくらい犬肉を提供するお店が存在すること。
3.中国や韓国では犬肉を食す風習が今もあること。
(韓国には犬牧場が17000か所ありそのうち許可をとって営業している所は2000か所しかない。虐待し苦しめ殺すほどおいしい肉になるという迷信が横行している。ベトナムもその風習が残るが現在ベトナム政府はなくそうとしている。
4.エジプトでは大量の犬が殺処分されているがあふれすぎて昨年から外国に犬肉を輸出させていること。(輸出国は非公開であるがほぼアジアと推測される)
5.2019.11.25日本に住むベトナム人が犬肉を密輸し逮捕され起訴された。このベトナム人女性は自分で食べるほかにベトナム留学生などにも販売しようとしていたこと。
6.香港、台湾、アメリカでは犬食を禁止していること。
(1950年から香港では猫犬食は違法で殺しても食べてもだめで違反すれば5000ドルの罰金と6か月間の服役が課せられる、2001年に台湾が輸入禁止2017年に犬猫の内臓を食べる人は15万円から75万円の罰金と名前と写真を公開する、アメリカは2018年に犬肉禁止法に大統領が署名。)

日本人は現在犬猫肉は食べないし(貧しい戦後などは食べていた)今後も食べることはないでしょう。犬猫は愛玩動物であり家族であり子供のいない夫婦にとっては子ども同然の存在。そのような動物愛護家たちの心を傷つけ苦しめる事実があります。諸外国の風習についてとやかく言えませんが残虐きわまりない殺し方をする犬猫肉食を日本人は食べない!!とうことを立法化し世界にアピールすることが重要かと考えます。
オリンピックに向けて今こそ法律をつくる時だと思います。

署名はこちらから!

串田誠一議員の質疑動画

新しい法律は「犬猫肉の輸入と食の禁止」です。
違反した場合の罰則規定なども盛り込む必要があると思っています。

反対者意見もありますので意見を紹介します。
・イルカやクジラを食べてきた文化なので他国のことを言えない
・食のことを法律で手足を縛られるのが嫌だ
・人間かそれ以外であるから犬猫だけ特別扱いするのはおかしい
・感情論で法律をつくるべきではない
・いっそのこと犬も豚鳥馬牛のように合法化したらいいんじゃないか

これらの反対意見に対しまして
・イルカやクジラは国が認めた昔からの漁業法であるので中国の風習とは異なるものである
・鳥豚牛などの食は国が管理していますのでそれらを今後縛ることはあり得ない
・人間至上主義に偏っていることは自明である
・感情論でも人が傷つき苦しむのであれば法律は成立する
・犬猫肉の合法化など時代錯誤も甚だしく倫理的にも令和の時代にふさわしくありません

☆ドキュメンタリー映画「アジア犬肉紀行」北田直俊監督よりメッセージ
100年前の童話作家・宮沢賢治が描いた動物問題とは、即ち【人間問題】なのだという問いを、私たちはずっと議論させず放置してきたのだと思う。近年、現地でも反対運動が盛んな犬肉問題の現実は、そんな私たちに突き付けられた因果のような宿題でもある! もう放置せずに立ち向かおう!

☆世界愛犬連盟様よりメッセージ
犬猫の食用を禁止するのは、食生活や食品の話ではありません。道徳の話です。「人間社会を変えて犬猫を救う」これが、世界愛犬連盟のモットーです。 そして、犬猫の食用禁止の国際条約化をすすめています。日本国内における犬猫の食用を禁止しよう!!

☆動物ジャーナリスト佐藤榮記様よりメッセージ
『文化』という言葉で物事を済まそうとする人がいます。 その生産過程に残酷性が認められるものは国や地域に関係なく文化ではありません。 犬が肉片にされるまでの行程は見るに堪えない惨いものです。 それを規制しないでいればその虐待に加担する事になってしまいます。

☆ 反DCMTJapanさんよりメッセージ
皆さんは肉を食べますか? 犬肉反対を機会に、他の畜産動物の裏側も知り、豚や牛も可哀そうで、肉が食べれなくなった人は年々増加しています。犬や猫に深い愛情のある人は、他の動物たちに対しても、思いやりを持つことのできる「優しい心」を持った人が多いようです。真実に目をそらさないで、辛い現実でも知れば変えることができる。反DCMTJapanは1つの機会になれれば幸いです。反DMCTJapanは地球上のすべての生きものの平和を願います。 日本に犬肉要りません!

☆日本維新の会 串田誠一議員よりメッセージ
国会の消費者特別委員会で犬肉のことを質疑いたしました。大臣もご存じありませんでした。皆さんは既に知ってしまったのです。日本では犬や猫を家族と考えています。そのように子供にも教えています。皆さんは家族を食べることができますか。私は国内で家族が食べられていることを放置することはできません。家族を守ろうと声をあげていきましょう。私も引き続き頑張ります。

☆日本維新の会 藤條たかゆき多摩市市議会議員よりメッセージ
日本には、「郷にいれば郷に従え」という言葉があります。 それは、誰もが守らねばならない法律だけに留まらず、風習にも及びますが 残念ながら、法律にしなければ守られないのかもしれません。 犬猫三原則「たべず、もちこませず、共に暮らす」を作りましょう!

☆ヤマザキ動物看護大学 講師 堀井隆行様よりメッセージ
2002年日韓ワールドカップ開催時にも少し話題になったように記憶しています。
私自身は、食肉そのものや他国の犬肉食の文化まで否定するつもりはありませんが、日本はこの問題を真摯に検討する必要があるとは思います。
ウシやブタなど食肉として生産される家畜動物には、福祉的な生活環境の整備や流通過程の明確化など多くの取り組みがなされてきています。
日本はイヌやネコを食肉用の家畜とみなすのかどうかという原点的な内容も含め、実在する流通や密輸にどう適正な対処をするのか活発な議論に期待します。

順不同

 

 

みなさまの署名が頼りです!
ぜひともよろしくお願いいたします。

 

 

今日もポロンをポチしてにゃ♪
にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ


カレンダー

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ごあいさつ

ねこカフェ「たまねこ」は2008.8にできました。多摩市初のねこカフェです。 サンリオピューロランドの裏にあります。ちょっとわかりにくいところにありますが、どうぞ、よろしくお願いします。 ブログにはにゃんこの日常を中心に里親にゃんこのことも載せています。 イベント、キャンペーンもお見逃しなく!