Subscribe to たまねこのブログ         Subscribe to たまねこのブログ's comments

今日は子供の日でもあり端午の節句でもありますね。
そんなわけで男の子たちに兜を乗せてみましたよ。
紙ナプキンでかぶと作ってみた
ノアくんお似合い

ぽきたん嫌な顔

ジャックは海賊になる(笑)

お店のこいのぼり~

このシクラメン昨年の12月からずーっと咲き続けてます。
お花の数はだいぶ減ったもののここまで咲くとはすごいです!

お天気がいまいちですが連休も終わりますね~

 

最後にうんちくを
古来おこなわれていた宮廷での端午の行事も、時が鎌倉時代の武家政治ヘと
移り変わってゆくにつれ、だんだんと廃れてきました。
しかし、武士のあいだでは尚武(武をたっとぶ)の気風が強く、
「菖蒲」と「尚武」をかけて、端午の節句を尚武の節日として盛んに祝うようになったのです。

やがて江戸時代にはいると、5月5日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が、
式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるようになりました。
また、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝いました。
このような時代の変遷のなかで、薬草を摘んで邪気をはらうという端午の行事が、
男の子の誕生の祝いへと結びついていったと考えられます。やがてこの風習は武士だけでなく、
広く一般の人々にまで広まっていきます。

はじめは、玄関前に幟や吹き流しを立てていたものが、やがて厚紙で作った兜や人形、
また紙や布に書いた武者絵なども飾るようになっていったのです。
さらに江戸時代の中期には、武家の幟に対抗して、町人の間では鯉のぼりが飾られるようになりました。

 

 

 

https://www.instagram.com/obanyan5220/

今日もポロンをポチしてにゃ♪
にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ


スポンサーリンク


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2021年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ごあいさつ

ねこカフェ「たまねこ」は2008.8にできました。多摩市初のねこカフェです。 サンリオピューロランドの裏にあります。ちょっとわかりにくいところにありますが、どうぞ、よろしくお願いします。 ブログにはにゃんこの日常を中心に里親にゃんこのことも載せています。 イベント、キャンペーンもお見逃しなく!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。